11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
オペ無事終了致しました。
ご心配おかけしております。
暖かいコメントに大感謝しています。
ありがとうございますm(__)m

昨日、2時前頃から始まったオペは
3時15分頃に無事、終了いたしました。

3時頃に病院から電話がありました。
「今、ドクターが最後の閉腹処置をしているので、急いで来れば
 まだ眠っているジャックくんに会えますよ。
 お母さん、会いたがってる様子だったからお知らせします」
と奥様から…。
「行きます!いっそいで行きます!!」
会えないと思っていたので、
ご配慮に大感謝です。

ゲージに入れられてるジャックは
まだ麻酔で夢の中でした。
お口が少し開いていて 舌がちょこっと出ていました。
エリザベスは初体験だね。
点滴で、巻いてもらったショッキングピンクの包帯、似合うじゃん?ジャック(笑)
傷跡が痛々しいね。
頑張ったね。。ジャック。
ごめんね。ジャック。
「お母さん、ちょっとだけなら撫でても良いよ」とドクター。
ムギューしたい気持ちと、
なんだか触れるのが怖い気持ちが入り混じり、
そぉ~っとそぉ~~っと
おでこを撫でてあげました。

ほんのわずかな時間。
でも、会えて良かった。

点滴などの処置を終えてドクターが説明に来てくださいました。
今回出てきた物は3個
コチラ↓です。
o
①は飲み込んでしまったキューズくん。
これは胃から摘出しました。

②は何だかわからない物。
これは十二指腸の入り口付近にあり、胃まで持って来て
キューズくんと共に摘出しました。

③は②と同じ系な物。
やはりわかりません。
実は、これが厄介者でした。
小腸に引っかかり、動かそうとしてもどうにもならなかったそうです。
腸に癒着しかかっていたそうです。
なので、予定にはなかったのですが、
腸を切開して摘出しました。

オペ前日まで、
ジャックのンチチは、健康そのものの立派(?)なンチチが出ていました。
③が引っかかっていてもです。
100%の確立ではないですが、
「腸閉塞になる可能性はわりと大きかった」と言われました。
いつ、どこで、何をたべてしまったかわからない物。
それが、小腸で癒着し始めていたんです。
キューズくんも、ンチチで出てくるのは難しかったと思う。と言われました。
結果、
キューズくん摘出が一番の目的でしたが、
③を取り出せたことは本当に良かったです。
変な言い方かもですが、
「結果オーライ」でした。
小腸を全部点検してくださり、異物を発見してくださって感謝です。

余談かもしれませんが、(ご存知かもしれませんが)
小腸は大腸に比べて細く長いそうです。
小腸を通過できて、大腸へいけた物は
基本ンチチとして体外に出すことができます。
もし、大きくて出口付近で詰まったとしても
オペすることなく取り出しは可能らしいです。(殆どの場合)
問題は、小腸で引っかかってしまった場合らしいです。
大腸で中々排出できず、腸閉塞になる可能性は
0%ではないけれども、まずないだろう とおっしゃっていました。


無事、取り出せたのは良かったのですが、
②③を何時、何処で食べてしまったのかが問題でした。
また、吐かせた時に出てきた物にも心当たりのない物がありました。
お散歩中は、ジャックの周りに何か落ちていないか確認しながら歩いていますし、
花や草は食べても、人工的な何かや
残飯的な何かを食べた記憶はありません。
ただ・・・
よーくよーく思い出してみたら・・
公園で遊ばせていた時(ロングリードで)
「あれ?今なにか食べなかった?!」と言うことが一度ありました。

近隣の公園は、マナーが悪く
ンチチも転がってるし、食べ残しのものが落ちていたり
カラスが運んで落とした物もなくはないだろう…と。
ゴミの日後は要注意かもしれません。

拾い食いが癖になっているわけではなかったのですが
(落ち葉や花には飛びつこうとすることがありますが)
今後、更に注意しなくては と思いました。

ジャックのような遊び方(カミカミをずーっとして、引きちぎろうとする)をする場合
「キューズくん的な丈夫な素材であっても
転がして遊ぶ分には延々とやらせても構わないけれど、
カミカミし始めたら取り上げるようにしよう」と言われました。

よくあるボーンの形をした硬い噛むオモチャありますよね。(人力では変形しないもの)
あれは、噛み砕いてもせいぜい米粒大なので心配ないそうです。
ただ、柔らかめのものは、(人力で曲がれるもの)
わりと大きくちぎって飲み込んでしまうことがあり、
ちぎった形によっては引っかかることもあり得るそうです。
説明文だけで選んではいけないんだな と思いました。


胃と腸を切ったジャックは
興奮させてはいけないので
麻酔から覚めたジャックに会うことは出来ないと思っていましたが、
「別室の窓から無言でね。電気もつけれないけど。」と言う事で
覗かせていただくことができました。
「あれ?なんでココにいるんだろぉ?」
「なんで誰もいないの?」
なんとも不安そうな顔をしていました。
でも…
起きているジャックはいつもの可愛いジャックでした(。-∀-)♪(親ばかです)
少しの間、頑張ってね。
直接は会えないけど、毎日来るよ。
あの時の顔が目に焼きついていて、
もう2度とこんな思いをさせてはいけない と強く強く思いました。
学習しなさいっ!!自分っ!!です。

毎回長文になってしまい、申し訳ありません。
お時間をとらせてしまってごめんなさいm(__)m
あとは回復に向かうだけです^^


本当にありがとうございます(*^-^*)



スポンサーサイト
病気・怪我】 | コメント(13) | top↑
| ホーム |
プロフィール

ジャックママ

Author:ジャックママ
お越しくださって
ありがとうございます(*^-^*)


ブログの主役:Jack ♂ 
2007.7.20北海道北見市生
2007.9.23から札幌市在住
特技=寝る、喰う、破壊する
     甘ったれ声をだす
好きなこと=お散歩、ボール遊び、ちゅっぱ
嫌いなこと=歯磨き、一人ぽっち

Birthdayなど…
いらっしゃいませ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。