04≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
オペ無事終了致しました。
ご心配おかけしております。
暖かいコメントに大感謝しています。
ありがとうございますm(__)m

昨日、2時前頃から始まったオペは
3時15分頃に無事、終了いたしました。

3時頃に病院から電話がありました。
「今、ドクターが最後の閉腹処置をしているので、急いで来れば
 まだ眠っているジャックくんに会えますよ。
 お母さん、会いたがってる様子だったからお知らせします」
と奥様から…。
「行きます!いっそいで行きます!!」
会えないと思っていたので、
ご配慮に大感謝です。

ゲージに入れられてるジャックは
まだ麻酔で夢の中でした。
お口が少し開いていて 舌がちょこっと出ていました。
エリザベスは初体験だね。
点滴で、巻いてもらったショッキングピンクの包帯、似合うじゃん?ジャック(笑)
傷跡が痛々しいね。
頑張ったね。。ジャック。
ごめんね。ジャック。
「お母さん、ちょっとだけなら撫でても良いよ」とドクター。
ムギューしたい気持ちと、
なんだか触れるのが怖い気持ちが入り混じり、
そぉ~っとそぉ~~っと
おでこを撫でてあげました。

ほんのわずかな時間。
でも、会えて良かった。

点滴などの処置を終えてドクターが説明に来てくださいました。
今回出てきた物は3個
コチラ↓です。
o
①は飲み込んでしまったキューズくん。
これは胃から摘出しました。

②は何だかわからない物。
これは十二指腸の入り口付近にあり、胃まで持って来て
キューズくんと共に摘出しました。

③は②と同じ系な物。
やはりわかりません。
実は、これが厄介者でした。
小腸に引っかかり、動かそうとしてもどうにもならなかったそうです。
腸に癒着しかかっていたそうです。
なので、予定にはなかったのですが、
腸を切開して摘出しました。

オペ前日まで、
ジャックのンチチは、健康そのものの立派(?)なンチチが出ていました。
③が引っかかっていてもです。
100%の確立ではないですが、
「腸閉塞になる可能性はわりと大きかった」と言われました。
いつ、どこで、何をたべてしまったかわからない物。
それが、小腸で癒着し始めていたんです。
キューズくんも、ンチチで出てくるのは難しかったと思う。と言われました。
結果、
キューズくん摘出が一番の目的でしたが、
③を取り出せたことは本当に良かったです。
変な言い方かもですが、
「結果オーライ」でした。
小腸を全部点検してくださり、異物を発見してくださって感謝です。

余談かもしれませんが、(ご存知かもしれませんが)
小腸は大腸に比べて細く長いそうです。
小腸を通過できて、大腸へいけた物は
基本ンチチとして体外に出すことができます。
もし、大きくて出口付近で詰まったとしても
オペすることなく取り出しは可能らしいです。(殆どの場合)
問題は、小腸で引っかかってしまった場合らしいです。
大腸で中々排出できず、腸閉塞になる可能性は
0%ではないけれども、まずないだろう とおっしゃっていました。


無事、取り出せたのは良かったのですが、
②③を何時、何処で食べてしまったのかが問題でした。
また、吐かせた時に出てきた物にも心当たりのない物がありました。
お散歩中は、ジャックの周りに何か落ちていないか確認しながら歩いていますし、
花や草は食べても、人工的な何かや
残飯的な何かを食べた記憶はありません。
ただ・・・
よーくよーく思い出してみたら・・
公園で遊ばせていた時(ロングリードで)
「あれ?今なにか食べなかった?!」と言うことが一度ありました。

近隣の公園は、マナーが悪く
ンチチも転がってるし、食べ残しのものが落ちていたり
カラスが運んで落とした物もなくはないだろう…と。
ゴミの日後は要注意かもしれません。

拾い食いが癖になっているわけではなかったのですが
(落ち葉や花には飛びつこうとすることがありますが)
今後、更に注意しなくては と思いました。

ジャックのような遊び方(カミカミをずーっとして、引きちぎろうとする)をする場合
「キューズくん的な丈夫な素材であっても
転がして遊ぶ分には延々とやらせても構わないけれど、
カミカミし始めたら取り上げるようにしよう」と言われました。

よくあるボーンの形をした硬い噛むオモチャありますよね。(人力では変形しないもの)
あれは、噛み砕いてもせいぜい米粒大なので心配ないそうです。
ただ、柔らかめのものは、(人力で曲がれるもの)
わりと大きくちぎって飲み込んでしまうことがあり、
ちぎった形によっては引っかかることもあり得るそうです。
説明文だけで選んではいけないんだな と思いました。


胃と腸を切ったジャックは
興奮させてはいけないので
麻酔から覚めたジャックに会うことは出来ないと思っていましたが、
「別室の窓から無言でね。電気もつけれないけど。」と言う事で
覗かせていただくことができました。
「あれ?なんでココにいるんだろぉ?」
「なんで誰もいないの?」
なんとも不安そうな顔をしていました。
でも…
起きているジャックはいつもの可愛いジャックでした(。-∀-)♪(親ばかです)
少しの間、頑張ってね。
直接は会えないけど、毎日来るよ。
あの時の顔が目に焼きついていて、
もう2度とこんな思いをさせてはいけない と強く強く思いました。
学習しなさいっ!!自分っ!!です。

毎回長文になってしまい、申し訳ありません。
お時間をとらせてしまってごめんなさいm(__)m
あとは回復に向かうだけです^^


本当にありがとうございます(*^-^*)



病気・怪我】 | コメント(13) | top↑
オペ決定です。
皆様からの暖かいコメント、本当に感謝しています。
ありがとうございますm(__)m

昨日、再度病院へ行き
ドクター、奥様と1時間ほどお話してきました。

望みの嘔吐による取り出しは
ジャック自身が吐くのは別として、
強制的に吐かせても、出てくる可能性は低く
吐血しながら吐いてるジャックに負担が大きいだけになるかも…。

排便による取り出しは
常時、排便時にいなければならず
無理があります。
と言うのも、何度か書いていますが
ジャックには食糞の癖が完全に抜けていないからなんです。
せっかくンチチで出たのに、また胃に入れてしまう可能性は大です。
また、その間、腸閉塞にならないとも限らない。
これから、年末年始の病院休業時になってしまわないとも言い切れない。

オペ自体は、去勢オペよりは難しいものの
難易度から言うとそうでもないものである。
今、ジャックに何らかの症状がでているわけではなく健康そのものであれば
オペをしても回復が早い。
などなどの事を、色んな観点から、また実例をあげて丁寧にお話してくださりました。

また、ドクターは一昨日から
スタッフとも何度も協議してくださったそうです。

これらを考え、オペをする事にしました。
今頃、麻酔をかけられ「夢の世界」へご招待になっていると思います。
(* ̄_ ̄)9″頑張れ!ジャック!!

腸内も全部点検してくださるそうです(異物などがないか)
胃も腸もキレイにお掃除してもらおうね…。

昨夜は、一緒に寝ました^^;
ジャックは一人一人寝ている家族を何度も確認していました。
舐めたり、そばへ行ったり…。

今朝も一遊びしてから病院へ。
大好きなドクターと奥様に手厚く(?)迎え入れられ、喜んでいたものの
「あれ?おかしゃん帰っちゃうの?」みたいな表情をしていました。
1週間は長いなぁ~。

本来、日曜の午後はお休みなのに
オペをしてくださる事に感謝です。

ジャック?
どーしてる?(だからオペ中だって!)
ジャック?
痛くないからね(全身麻酔だっちゅーの!)
ジャック?
頑張れ・・・。
後でそ~っと行くからね。
面会はできないだろうけど。
ジャック だ~~い好きだよぉぉぉ。

o
<病院の屋上にて>
おかしゃん、心配しすぎだよ~。byジャック

とまぁ、かなりオーバーでしょうかねw( ̄▽ ̄;)wあはは・・・
病気・怪我】 | コメント(5) | top↑
注意していたつもりだったのに…。
おはようございます。
今回は画像なしでお知らせ(?)でございます。

注意していたつもりが、たんなる「つもり」だけでした。
昨夜、ジャックがキューズくんの一部を飲み込んでしまいました。
おもちゃは与えっぱなしにはしていないのですが、
私が目を離したわずかな時間がありました。
嫌な予感がして、ジャックのもとへ行った時には
すでにちぎっていて
それでも、今までのジャックなら
取られまいと急いで飲み込むのですが、
昨日は、「あれ?まずいよね??」みたいな顔をして
躊躇していたように見えました。
残念ながら、ヨーダで滑りが良かったのもあり
ゴックン。
「おかしゃんごめんなさい」という顔。

大きさが大きさだったので(約2cm四方)
ンチチで出るのは微妙と判断。
すぐに病院へ電話。
吐かせよう と言うことになりました。

処置をされてる間は退室でしたが、
隙間から見ていると、ジャックはおりこうさんで頑張っていました。
暴れることもなく、泣くこともなく。
鼻から細ーいチューブを胃まで入れ、
ぶっとい注射器に入った塩水(医学的な言い方思い出せません)を大量に注入。
間もなく吐き始めました。
「おかあさん、出たよ」のドクターの声にホッとしたものの
吐捨物を見ると肝心なキューズくんが無い!
しかも、何処で食べたんだろう?というオモチャの破片がいっぱい。。
出血もしていました。
レントゲンを撮り、胃の中のキューズくんを確認。
やっぱりまだ胃の中でした。
ドクター曰く「引っかかってしまってるんだな」
「基本、入ったんだから出られるはずなんだけど、角度によって引っかかってしまってると思う」

50%50%の確立だそうです。
出てくるも、留まってしまうも…。
一番怖いのは腸閉塞。
先にも書きましたが、ンチチで出てくるまで
3~4週間かかる場合も珍しいことではないらしく
桃の種を飲み込んでしまったキャバリアちゃんは
半年お腹に留まったままで、その後腸閉塞に。
マンゴーの種を飲み込んだコーギーちゃんは1年後。
いずれも、ずーっと元気で食欲もあったそうです。

開腹手術は出来る事なら避けたい。
でも、爆弾を抱えての生活には無理もあります。
24時間毎日ずーっと傍にはいてあげられません。

ごめんね。ジャック。
気を付けていたはずなのに。
キューズくんをやっつけちゃったんだね。。
全て私の責任です。
責任といっても、変わってあげられるわけもなく、
ただただ、出てきて!!と祈るばかり。
ごめんね。ジャック。
本当にごめんね。
ごめんね。ごめんね。

パピ時代に比べ
何でもは口にしなくなり
口にしても、渡してくれるようになってきていました。
気が緩んでいたんですね。
学習しないのは、ジャックではなく 私でした。

皆様は、こう言ったことはないと思いますが
どうかどうか、ジャックのようにならないようにお気を付け下さい。
私が言える立場にはないですが…。

今晩6時までは要観察時間ですが、
出なければ、もう一度ドクターと相談し
明日、開腹オペとなると思います。

ご訪問できませんこと、お許し下さい。
また、長文にお付き合いをさせてしまい 申し訳ありませんでしたm(__)m



病気・怪我】 | コメント(7) | top↑
少し良くなってきたです。
ここ数日、暖かな日が続いています。
12月だというのに雨が降ります。
雪が降ったら降ったで文句を言い・・
雨が降ったら降ったで
冬に雨はどーなのよ~ とやっぱ文句を言います^^;
要は、路面は濡れる、凍る、ジャバジャバ(シャーベット状)だと
何かとブータレたくなるわけです(苦笑)

さて、ジャックさん
昨日病院へ行ってきました。
だーい好きな病院です^^

かれこれ2ヶ月近くなりましょうか
リンパのシコリが治りません。
o(以前の画像で代用です)
両方ともほぼ同じ大きさで腫れていました。
見るだけでもハッキリわかるほどでした。

一週間前から、注射とお薬で治療しています。
昨日は「小さくなってきてるし、柔らかくなってきてるね」との事でした^^
悪い病気ではなさそうなんですが、
原因がハッキリしないんですよね~。

早く、良くなると良いね。



o
そして寝る・・・。

o
クッションの端っこ抱っこして…(*≧m≦*)ププッ

おまけ
ジャックの好きなおもちゃの1つ素材は
ラティックス系の柔らかゴム素材なんですが、
どーしても食べちゃいたいらしい。
破壊するだけなら、
なんぼでも良いのですが
お腹にしまわれるのはコマリモノ_| ̄|○
食した破片が出てこなくって気になっていたので
ドクターに相談しました。
はい。。
タラフク怖~~い実例を聞き
お腹いっぱいで帰って参りました。
ウンチに隠れる大きさなら、まず問題はないらしいですが
積もり積もればやっぱね・・
ラテックスのオモチャは処分いたしましたデス。。。
大好きなんだけど、安全面を優先する事にしましたです。
あ・破片は3~4週間で出てくる場合もあるので
気長~~に観察してください と言われましたよ。

毎回、「お!出たか!!」と喜び、
チェーックして溜息付く毎日を過ごしています。
皆様、この飼い主、悪い見本としてくださいませTωT


病気・怪我】 | コメント(10) | top↑
前ページ| ホーム |
プロフィール

ジャックママ

Author:ジャックママ
お越しくださって
ありがとうございます(*^-^*)


ブログの主役:Jack ♂ 
2007.7.20北海道北見市生
2007.9.23から札幌市在住
特技=寝る、喰う、破壊する
     甘ったれ声をだす
好きなこと=お散歩、ボール遊び、ちゅっぱ
嫌いなこと=歯磨き、一人ぽっち

Birthdayなど…
いらっしゃいませ♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。